お知らせ

↑ 気になる方はタップタップ ↑

1歳までの赤ちゃんの便秘をグリセリン浣腸で解消する方法

 

離乳食で便秘対策しても解消されない1歳までの赤ちゃんの便秘をグリセリン浣腸で解消する方法は次になります。

 

【グリセリン浣腸をするための準備】

 

  • お尻の下に敷く新聞紙、オムツ、あれば防水シーツなど
  • お尻を拭くウェットティッシュ、ティッシュ、ガーゼ、脱脂綿など
  • 使用後に汚れたオムツなどを入れるゴミ袋など
  • 浣腸を人肌程度まで温める40度位のお湯
  • ローションやベビーオイルなどの潤滑油

 

【グリセリン浣腸のやり方】

 

  1. 浣腸を人肌程度の40度くらいのお湯に入れ温める
  2. 1歳までの赤ちゃんへの使用量は1個の半分を使う
  3. 新聞紙やオムツなどを敷いた上に赤ちゃんを仰向けに寝かせる
  4. 潤滑油を挿入する容器の先と赤ちゃんの肛門に塗り滑りやすくしておく
  5. 容器のノズルが見えなくなる程度まで肛門へ挿入する
  6. 親指と人差し指で押して液体を中へ注入する
  7. 注入を終えたらノズルを引き抜きティッシュなどで肛門を押さえる
  8. 少しの間、排便するのをそのまま我慢させる
  9. 赤ちゃんの様子を見て排便しそうな感じになったらオムツに排便させる

 

 

【グリセリン浣腸のポイント】

 

  • 1歳以上の赤ちゃんなら横向きでもOK
  • 1個の半分の量とは容器の真ん中を親指と人差し指がくっつくまで押した時に出る分
  • 赤ちゃんが息を吐くタイミングで液体を注入するとやりやすい
  • 肛門に傷があるのを確認したら浣腸はせず病院へ
  • 1日に使用できる上限を確認しておく

 

【グリセリン浣腸の注意】

 

  • 必ず赤ちゃんに対し適量を使用すること
  • あくまでも効果は一時凌ぎでしかない
  • 頻繁に使用すると腸壁の神経に悪影響を与える
  • クセになり浣腸がないと排便できなくなるため要注意
  • 誤って口に入れてしまった時は口元を濡れタオルで拭く
  • 中の液体を飲み込んでしまった時は水や牛乳を飲ませ冷静に対処する

 

イチジク浣腸 」は生後6ヵ月の赤ちゃんから安心して使えるグリセリン浣腸のひとつで、薬局で入手することができます。

 

グリセリン浣腸はクセになるものなので、出来るだけマッサージや体操、離乳食の改善など他の便秘解消法を試してみて、それでも便が出ない時の最終手段として用いるようにしましょう。

 

また赤ちゃんの便秘が何らかの病気によって引き起こされている可能性もあるので、一度病院で診てもらうことをお勧めします。その時にグリセリン浣腸のやり方を教えてもらうと安心です。

おすすめお通じ食品
するっと抹茶 カイテキオリゴ はぐくみオリゴ

するっと抹茶

 離乳食と一緒に


離乳食が始まってるならOK。保存料防腐剤無添加。下剤成分ゼロ。


コレ詳しくはコチラ

カイテキオリゴ

離乳食にサッと混ぜるだけ


日本一売れていオリゴ糖。赤ちゃんもスルスル出ると大人気。


コレ詳しくはコチラ

はぐくみオリゴ

1日3回もドッサリ

生まれてきた赤ちゃんでも安心。超高純度オリゴ糖で毎日スッキリと評判。 


コレ詳しくはコチラ