お知らせ

↑ 気になる方はタップタップ ↑

赤ちゃんの便秘解消に役立つマッサージの方法

離乳食でもだめなら・・・

 

離乳食で便秘対策していても解消できない1歳までの赤ちゃんの便秘解消に役立つマッサージには次のような方法があります。

 

 

定番の「の」の字マッサージ

入浴中や入浴後に赤ちゃんのお腹を優しく「の」を描きながらマッサージ

 

  1. 「の」を描く時は時計回り(便が動く方向に向かって動かす)に動かす
  2. 手のひらを使い赤ちゃんのお腹をやさしくマッサージ

マッサージオイルがなければ、そのまま行ってもよいが力加減に要注意です。特に腸の動きが弱い赤ちゃんの便秘解消に役立ちます。

 

赤ちゃんが痛がったり苦しがらない程度に腹圧をかけながらやるのがコツ
こより浣腸や綿棒浣腸の前にやってあげるのも効果的

 

寝返りができるようになったら腹這いで遊ばせる

腹這い(うつ伏せ)にすることも腸に刺激を与えられる

 

  • 寝返りができて自分で上半身を起こせるようになったら有効
  • 赤ちゃんが居やがる時は無理にやらない

 

腹這いにして一緒に遊んで手足をバタバタさせるだけでも良い運動になります。のけ反る格好が排便時に必要な腹筋・背筋を鍛えるのに有効です。

 

腹筋・背筋を鍛えることは便秘予防にも効果的。

 

※腹這いの状態にしてから目を離さないこと
※最初から長時間、腹這いにしないこと

 

足を動かして腸を刺激

赤ちゃんを仰向けに寝せて自転車こぎのように足の屈伸運動を繰り返す

 

赤ちゃんとコミュニケーションを図りながら遊び感覚で取り入れるのがコツです。
※力加減を誤ると関節を痛めるので要注意

 

起き上がりを手助けして腹筋運動

仰向けに寝せた赤ちゃんが上半身を起こす時に手助けしながら腹筋運動

 

  • 寝ている赤ちゃんの手をやさしく引っ張ってあげるだけでよい
  • 赤ちゃん自身の腹筋を使わせて起き上がらせるようにする

 

腹筋が使われると腸が刺激され腹筋もついて便秘予防にも効果的ですよ。

 

※手を無理に引っ張らないこと
※上体を起こした後、急に手を離さないこと
※遊びの一環として楽しみながらやるのがコツ

 

 

いずれも腸に刺激を与え腸の運動を活発化させることで排便を促すことから、赤ちゃんの便秘解消だけでなく便秘予防にも有効なので、毎日の習慣にすることをオススメします。

 

自分で運動できない赤ちゃんの体を動かしたり、マッサージしてあげることで自律神経と排便リズムを整えてあげましょう。
ポイントは、毎日決まった時間に行うことで排便リズムが整う!です。

おすすめお通じ食品
するっと抹茶 カイテキオリゴ はぐくみオリゴ

するっと抹茶

 離乳食と一緒に


離乳食が始まってるならOK。保存料防腐剤無添加。下剤成分ゼロ。


コレ詳しくはコチラ

カイテキオリゴ

離乳食にサッと混ぜるだけ


日本一売れていオリゴ糖。赤ちゃんもスルスル出ると大人気。


コレ詳しくはコチラ

はぐくみオリゴ

1日3回もドッサリ

生まれてきた赤ちゃんでも安心。超高純度オリゴ糖で毎日スッキリと評判。 


コレ詳しくはコチラ